スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めっきり減りました

いろいろありまして暫く放置しっぱなしでした...。

2013091201.jpg

数年前まではいっぱいいた12200系の2連車。

22600系の増備などでめっきり数を減らし、残るは3編成だけ...。

市バスあれこれ

最近撮影した市バスの写真の中から適当に数枚...。

2013072902.jpg

CNG車パラダイス鳴尾営業所。(敷地外からの撮影) タンクの位置もメーカーで異なります。

(左) KL-MP37JM改 (右) KL-HU2PPEE改

2013072903.jpg

ワンステップ車がベースになってるのでドア上には変な空間が...。 ゲテノンとか言わない。

PKG-MP35UM改

2013072904.jpg

唯一地域巡回バス表示が幕引きタイプ。 西工中型もこのタイプだけ。

KK-RM252GAN改

2013072905.jpg

運良く遭遇したエルガType-B。 幹線系統の青幕最高です。

KL-LV834N1

2013072906.jpg

ブルーリボンシティ同士の並び。 幕車も今やレア。

(左) KL-HU2PPEE (右) KL-HU2PPEE改

2013072907.jpg

またまた遭遇。 御器所のエルガType-Bは稼働率が高くて助かります。

KL-LV834N1

2013072908.jpg

元都心ループ車、ナンバープレートの上に名残の行灯跡があります。

市バスでは数少ないワンステップ車、またリーフサスなのもこのMF-16とMF-17だけ。

KK-MK23HH

2013072901.jpg

さっきのと似てるようで似ていない。 こちらはツーステップ車です。

KK-MK25HJ

2013072909.jpg

今や市バスの顔とも呼べるJ-BUS車。 あまりに居すぎて正直飽きる...。

しかし導入時期によって細かな差異があるのは面白いです。

LKG-LV234N3

2013072910.jpg

ライトが点灯しているとかっこ良さが際立ちます。

KL-UA272KAM改 

今なお残るツーステップ運用

名古屋市営地下鉄東山線の終着高畑の最寄りである地下鉄高畑と南へ下った多加良浦を結ぶ幹高畑1号系統。
この系統は途中当知住宅付近の狭隘区間の関係でノンステップ車がなかなか導入されることがなくツーステップ車の楽園となったいました。 しかしノンステップ化への波には勝てず今ではほとんどがノンステップ車による運行となってしまいました。
それでもなお平日夕方に限って(全ての平日ではありませんが)僅かながらツーステップ車による運行が残っています。

2013072001.jpg
■ 多加良浦の転回場に止まるS-570 幹線系統の青幕が眩しいw

現在中川営業所(幹高畑1号系統の主担当)にはS-491,570の僅か2台だけの大型ツーステップ車が在籍していますが、その内2扉のS-570だけが幹高畑1号系統の運用に入っています。

同車がこの系統の運用に入る日は16:30頃に中川営業所から出庫し、地下鉄高畑16:42発の便から走り始めます。

なお今年度をもってS-570はS-491共々廃車予定であるため、この幹高畑1号系統でツーステップ車を拝めるのもあと僅かだと思われます。

2013072002.jpg
■ 当知住宅付近の狭隘区間を走るS-570

当知住宅付近は一方通行であるため行きと帰りで違う狭隘区間を通るので面白いです。 また狭い交差点での右左折は見ものです。

【おまけ】
多加良浦の転回場に止まるS-570を撮影してると発車待ちをしてる違う車の乗務員の方に声をかけていただき、"面白い幕を出そうか?"と言われ、成り行きで出してもらった1コマ

2013072003.jpg

どうやら乗務員の方的にはもっとマニアックな幕を出したかったらしいのですがLED車なので無難に名古屋市交通局の表示を。

声をかけて下さった乗務員さんありがとうございました。

惜別 1810系H23編成

前回に引き続き今回はH23編成です。

2013071501.jpg

急行編成の増結に入る同編成。 H22編成と違いこのH23編成は遭遇することがあまりなく写真自体ほとんどありませんでした...。

2013071502.jpg

定期運用最終日は2連車の花形運用(?)である5連準急にも入りました。

定期運用終了直前は目撃情報もほとんどなく心配されてたりしました。

2013071503.jpg

5連準急の後は富吉で分割され単独で普通に。

2013071504.jpg

名古屋到着後は1361レに。 これが同編成最後の定期運用でした。

定期運用離脱後翌日からは高安から転属してきた2800系AX14編成が入り、H23編成は白塚から富吉へこっそりと回送されました。

2013071505.jpg

富吉検車区の奥に留置された同編成。 パンタは降り、幕も白幕でどこか寂しげでした。

2013071506.jpg

H22,23編成の引退により名古屋線のラインデリア世代の2連車はH26,27編成の2本になりました。

長らくの活躍お疲れ様でした。

惜別 1810系H22編成

少し前の話題ですが、名古屋最古参の1つである1810系の内H22,23編成が高安検車区へ廃車回送されました。

今回はその内H22編成の現役時代の姿を振り返ろうと思います。

2013071301.jpg

1810系は2連ということもあり急行編成の増結に入るのが専らでした。

ご存知のように名古屋線はほとんどが南北にわたって伸びていることもあり、名古屋側に付くことが多い同編成は朝方しか撮影することが出来ず撮りためた写真を漁ってもさほど見つかりませんでした...。

2013071302.jpg

運が良ければこの様に単独運用に出会う時もありました。

奇しくも隣に停車しているのは1810系の大半を置き換えた9000系。

2013071306.jpg

C#1822の顔を見たのも数回だけでした。

2013071307.jpg

定期運用終了直前の様子。 定期運用最終日にも撮影に行きましたが対向に被られあえなく撃沈。

定期運用最終日も写真と同じくVX12編成とペアを組んでいました。

2013071308.jpg

お昼からの出番に向け富吉で入換中。 両点灯の種別灯がかっこいいです。

2013071309.jpg

出発を待ちます。

2013071310.jpg

定期運用を終え富吉検車区の奥で同じく先に定期運用を終えたH23編成と向き合う同編成。

2013071304.jpg

H22編成最大の特徴であった現役最後のガラス製の窓ノブ。

2013071303.jpg

車内は昔ながらの雰囲気残る数少ない車両の1つでした。

2013071305.jpg

H26,27編成とは異なり新型ATSに交換されることがなかった同編成。

運用最終日は午前中に運用を終え、午後からは入れ替わり2800系AX12編成が運用に入りました。

その後数日間はH23編成と富吉検車区の奥に留置され、後日H23編成共々最初で最後の青山峠を越え高安検車区へ廃車回送されました。

H22編成長きに渡る活躍お疲れ様でした。

プロフィール

通勤快急

Author:通勤快急
ふらふらと写真撮りに出かけてます

更新頻度は低いです...

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。