スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南方貨物線跡の現状

大府市から名古屋市にかけて多くの遺構が残ったままとなっている南方貨物線の現状を調査してきました。

※今回は分量が多めとなっています

【南方貨物線の概要】

国鉄が貨物輸送においてまだシェアを多く持っていた昭和40年代、東海道本線の名古屋駅周辺において速度の遅い貨物列車が旅客列車の妨げになっていたため、別線敷設による複々線化を行って、これを解消することを目論むようになった。また、名古屋における貨物駅は名古屋駅南方の都心部近くに設けられていた笹島駅であったが、これが手狭になっていたことから、南へ移転する形で「八田貨物駅(仮称)」という新駅を開設することにもなった。この両者の目的により、東海道本線のバイパスとして建設されることになったのが「南方貨物線」である。 Wikiより引用。

【南方貨物線のルート】

逢妻・大府駅間で東海道本線と立体交差で分かれ、大府・笠寺駅間は東海道本線と並行し笠寺駅からは東海道新幹線と並行した後名鉄常滑線、名古屋港線などを跨ぎ名古屋貨物ターミナル駅へと向かいます。

【今回の調査】

大府・笠寺駅間は東海道本線の列車内から容易に確認できるため単独区間となる笠寺・名古屋貨物ターミナル駅間を名古屋貨物ターミナル駅に向かって調査しました。

まずは笠寺駅北側からです。

2013021901.jpg

【地点1】 写真中央に見えるコンクリート部分が南方貨物線です。 山崎川を越えるためここから上り勾配となります。

2013021902.jpg

【地点2】 少し北上して。 コンクリート部分がよく分かります。

2013021903.jpg

【地点3】 さらに北上すると南方貨物線の高架部へ上るための階段があります。

2013021904.jpg

【地点4】 【地点3】近くの交差点より。 ここから東海道新幹線をアンダーパスするため西へカーブします。

2013021905.jpg

【地点5】 山崎川を渡った先より。

2013021906.jpg

【地点6】 住宅街に突如として高架橋が出てきます。

2013021907.jpg

【地点7】 【地点6】近くの公園より。高架橋上に何か施設が出来ています。

2013021908.jpg

【地点8】 近くを走る道路の歩道橋より。

2013021909.jpg

【地点9】 東海道新幹線をアンダーパスします。 ここでも高架橋が有効活用されています。

2013021910.jpg

【地点10】 前後で道路を跨ぐため僅かに残る高架橋。

2013021911.jpg

【地点11】 東海道新幹線をアンダーパスした後カーブして東海道新幹線と並行します。

2013021912.jpg

【地点12】 東海通より。

2013021913.jpg

【地点13】 この付近の高架橋は造りが異なります。

2013021914.jpg

【地点14】 国道247号線を跨ぐ歩道橋より。

2013021915.jpg

【地点15】 ここで名鉄常滑線を跨ぎます。

2013021916.jpg

【地点16】 この付近の高架橋は少々新しい感じがします。

2013021917.jpg

【地点17】 ここでも高架橋が僅かに残っています。

2013021918.jpg

【地点18】 県道225号より。

2013021919.jpg

【地点19】 堀川を渡った先より。

2013021920.jpg

【地点20】 高架橋はありませんが手前の用地が南方貨物線のものです。 この後西へカーブし東海道新幹線から離れます。

2013021921.jpg

【地点21】 東海道新幹線と離れた後突如現れる高架橋。

2013021922.jpg

【地点22】 江川線より。 ここで地下鉄名港線を跨ぎます。

2013021923.jpg

【地点23】 名古屋港線の踏切より。 青線は南方貨物線、赤線は名古屋港線と繋ぐはずであった連絡線のルートです。

2013021924.jpg

偶然遭遇した名古屋市バスの研修車(元NS-7)。 使い勝手が悪く殆ど走ることのない車なので遭遇できてラッキーでしたw。

2013021925.jpg

【地点24】 中川運河を渡った先より。

2013021926.jpg

【地点25】 名古屋環状線より。

2013021927.jpg
     
【地点26】 【地点25】近くより。 ここでも立派な高架橋が残っています。

2013021928.jpg

【地点27】 名古屋貨物ターミナル駅へ向かうためこの付近より北へカーブします。

2013021929.jpg

【地点28】 正徳街園にて。 この付近で線路は3線となっています。

2013021930.jpg

【地点29】 あおなみ線と並行して名古屋貨物ターミナル駅へ向かいます。 手前の用地が南方貨物線のものと思われます。

いまだに多くの高架橋が立派に残っていました。 何か有効活用できませんかね?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

高架はソーラーに用地は都市型農業に

拝見しました。熱田区に住んでいるので、私も何かに使えないかと想像していましたが、まだこんなにも残っているのですね。高架はソーラーで15年借用、高架整備されていない未使用用地は都市型農業に使えないでしょか?すべての所有は、JR東海さんですよね??

Re: 高架はソーラーに用地は都市型農業に

>前田様

返信遅れましたが、コメントありがとうございます。

南方貨物線はどうやら"鉄道建設・運輸施設整備支援機構"という組織が所有しているようです。

今から高架橋などを撤去するのにも費用がかかるので、なんとか有効活用してほしいものですねぇ...。

> 拝見しました。熱田区に住んでいるので、私も何かに使えないかと想像していましたが、まだこんなにも残っているのですね。高架はソーラーで15年借用、高架整備されていない未使用用地は都市型農業に使えないでしょか?すべての所有は、JR東海さんですよね??

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

通勤快急

Author:通勤快急
ふらふらと写真撮りに出かけてます

更新頻度は低いです...

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。