スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近鉄1420系 逆組成で名古屋線へ

タイトル通りの内容ですw。

2013061701.jpg
■ VW21+X18 米野にて

昨日Twitterのフォロワーさんのツイートで1420系(VW21)が逆組成で名古屋線へ来るとの情報をいただき早速行ってきました。

最近はGWに連日名張ループ運用で名古屋線へ来たりと何かと話題のVW21ですが、今日は前日に名古屋入りし翌日6520レ-535レで折り返していく運用に入りました。 この6520レ,535レは通常名古屋方から共に大阪線車の2連+4連という順組成で運転されるのですが今回は何故か名古屋方から4連+2連という逆組成で運転されました。

名古屋線に来る大阪線車はAダイヤの635レを除き通常順組成のみなので恐らく異例であると思われます。

まさか名古屋線内でVW21の前パン姿を拝めるとは思っていなかったので思わぬ収穫でしたw。

スポンサーサイト

阪神武庫川線

阪神武庫川線は本線と接続する武庫川駅から武庫川団地前駅までを結ぶ路線総延長たったの1.7kmという路線です。

阪神なんば線が開業し近鉄との相互乗り入れが始まってからは終日阪神車だけが走る唯一の路線となっています。

またこの路線は今や貴重となった昔ながらの赤胴車が走る路線です。

2013061601.jpg
■ 武庫川駅にて

武庫川線の日中は1運用20分ヘッドのダイヤとなっておりこの日は7890・7990形が運用に就いていました。

この便を見送って順次南下しながら撮影して来ました。

2013061602.jpg
■ 武庫川~東鳴尾間の陸橋にて

自分が小さい頃阪神電車といえばこの顔の車両がほとんどでしたが今では貴重となっています。

なんば線開業後もこの7890・7990形と同じく武庫川線専用車の7861・7961形はバンドン連結器となっています。

2013061603.jpg
■ 同じ陸橋にて

武庫川駅での折り返しがすぐなので連続で撮影出来ます。 写真左側は墓地のためあまり写さないようにしましょう。

2013061604.jpg
■ 武庫川~東鳴尾間の踏切にて

コンパクトのデジカメでは金網の隙間(元からある隙間です)から横アングルで撮影出来ますが一眼では無理そうなので縦アングルで。

20分ヘッドのダイヤのため撮影しては次の列車までの間に違う撮影地に行けて便利です。

2013061605.jpg
■ 東鳴尾~洲先間の踏切にて

数少ない横アングルで撮れる撮影地。 前パン車のため少々緊張しましたw。

2013061606.jpg
■ 洲先駅での案内表示

武庫川線は武庫川行きと武庫川団地前行きの2種類の行き先しか無いためか行灯式の案内表示が現役でした。

このあと洲先駅から武庫川駅まで7890形に乗車しましたが今なお昔ながらの赤胴車が走り、またのんびりとした空気が漂っているのは良かったです。

2013061607.jpg
■ 武庫川駅の本線の高架下で休む7861・7961形

朝夕は2運用ですが日中は1運用のため昼間は1本が本線高架下で休んでいます。

またこの7861・7961形は現存する阪神車では唯一の片開き扉の車両となっています。

2013061608.jpg
■ 阪神尼崎の留置線(通称 丘の上)で休む7861・7961形

武庫川線専用車4本の内2本は終日丘の上や尼崎車庫内で休んでいます。

赤胴車最後の楽園である武庫川線ですがそう遠くない未来には恐らく1000系2連車に置き換わるでしょう...。

7890・7990形,7861・7961形には最期まで無事に走ってもらいたいものです。

名古屋市営バス NS-20


2013060201.jpg
■ 鳴尾営業所にて(許可を得た上で撮影)

【車番】 NS-20
【車体】 いすゞ
【シャーシ】 いすゞ
【形式】 KL-LV834N1改
【年式】 2001年式
【所属】 鳴尾営業所

このエルガType-Bは後に量産されるType-Aとは異なり先代のキュービックノンステップに準じたフルフラットタイプのノンステップバスです。 名古屋市バスではNS8~NS30までの計23台が導入され大きく分けて以下の3タイプが在籍しています。

タイプⅠ 行き先表示が幕式,前後グライドスライドドア,薄型座席 NS8~NS19
タイプⅡ 行き先表示が幕式,前後グライドスライドドア,薄型座席,CNG車 NS20
タイプⅢ 行き先表示がLED,中扉引戸,標準座席,CNG車 NS21~NS30

今回はその中の内唯一のタイプであるNS-20を紹介します。

2013060202.jpg
■ 鳴尾営業所付近にて

エルガType-Bは他社の初期ノンステップ車同様エンジンを垂直横置きとしているため、Type-Aとは異なり最後部の窓が若干埋められその位置にエンジンルーバーが付けられています。 フルフラットな車内となんといっても後輪のタイヤハウス直後の座席のシートピッチの広さは最高だと勝手に思っていますw。

2013060203.jpg
■ 名古屋港にて

長らくにわたって浄心営業所,鳴尾営業所管内で活躍してきた同車ですが、CNGタンクの寿命の関係で来年度末引退予定となっています。 ノンステップ車ということもあり市バス接近情報などで運用の確認がしにくいのが少々難点です。 個人的には金山,神宮東門,新瑞橋,鳴尾営業所辺りで運用を確認するのが手っ取り早いかと思っています。

2013060204.jpg
■ 同じく名古屋港にて

市バスのエルガType-Bの内最初の廃車となる同車ですが、故障や事故もなく引退の時を迎えて欲しいものです。(N-257の例もあるので...)

最後になりましたが急な訪問にも関わらず快く応対していただいた鳴尾営業所の皆様に感謝です。

湯の山線と名四急行の運用に入る近鉄1010系

1010系がここ数日珍しく湯の山線のワンマン運用に入ってると聞き早速行ってきました。

まずは湯の山線での様子から

2013060101.jpg
■ 湯の山温泉にて

1010系は現在5編成全てが在籍しており、その内T12,13,15編成はワンマン対応となっています。
しかし鈴鹿線でのワンマン運用中T12編成で2度も不具合が発生して以来1010系が湯の山線、鈴鹿線のワンマン運用に入ることがめっきり減ってしまいました。そのため1010系がこの様にワンマン運用に入るのはレアなケースとなっています。また2012年のダイヤ変更より運転が開始された名四急行もこのワンマン運用と繋がっているため1010系が入るのはレアとなっています。(今年のダイヤ変更より1運用だけ非ワンマン車による名四急行があるそうですが...)

2013060106.jpg
■ 同じく湯の山温泉にて

1010系でワンマン表示の行灯使ってるの見るのはこれが初です。

そういえばこのT15に乗って湯の山温泉向かってる途中湯の山温泉行きと誤表示された対向車とすれ違いましたがあれは何だったのでしょう?ww

2013060102.jpg
■ 近鉄四日市にて

湯の山線での運用を終えた後名四急行の運用に入ります。

2013060103.jpg
■ 同じく近鉄四日市にて

急行表示かっこいいですね。

この後は北上しながらこの急行を追いかけます。

2013060104.jpg
■ 富田にて

2013060105.jpg
■ 八田にて

写真が傾いてるのは無視して下さいw。

という訳で今日は非常に俺得な列車が走ってました。

プロフィール

通勤快急

Author:通勤快急
ふらふらと写真撮りに出かけてます

更新頻度は低いです...

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。