スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近鉄のVVVF車 三菱編

近鉄通勤車の中でも1番形式が細かくなっているVVVF車。その中から今回は三菱製インバータを搭載している1420・1430系列にスポットを当てようと思います。
各形式の軽い紹介と2011年4月1日時点での配置について書いていこうと思います。なお一部形式の写真は未撮影のためございません。

■ 1420系

近鉄1420

紹介
近鉄初のVVVFインバータ制御車として1984年に製造された1420系。当初は1250系(VC51)として製造されましたが、その後1230系の増備により車番が同一になりそうになったため現在の1420系と形式を改めました。VVVF制御車で唯一界磁チョッパ制御車と同じ車体を採用したり、側面のVVVF車のシンボルマークが金属製になっているのが今形式の特徴です。車体更新の際踏面清掃装置が取り付けられました。

配置
VW21 (高安) 2連1本が在籍。

■ 1422系

近鉄1422

紹介
1420系の量産版として製造された1422系。当初は1250系(2代目)として製造されましたが1420系同様1230系の増備により現在の1422系と形式を改めました。標準軌全線共通仕様以前に製造されたため車体裾が若干短くなっているのが特徴です。後に全編成に踏面清掃装置が取り付けられました。

配置
VW22~VW27 (高安) 2連6本が在籍。

■ 1430系

近鉄1430

紹介
1422系の標準軌全線共通仕様バージョンとして製造された1430系。今形式以降、共通車体のため車体裾が若干長くなりました。VW31,VW32は基本的に信貴線または大阪線の青山町以西の運用に就いています。

配置
VW31,VW32 (高安) VW33,VW34 (富吉) 2連4本が在籍。

■ 1435系

近鉄1435

紹介
1430系の補助電源をSIVに変更し製造された1435系。

配置
VW35 (高安) 2連1本が在籍。

■ 1436系

紹介
1435系の台車をボルスタレス台車に変更し、新たに滑走検知装置と踏面清掃装置が取り付けられて製造された1436系。

配置
VW36 (高安) 2連1本が在籍。

■ 1437系

近鉄1437

紹介
1436系の滑走検知装置非搭載バージョンとして製造された1437系。今形式以降踏面清掃装置を標準装備しています。

配置
VW39,VW41~VW45 (高安) 2連6本が在籍。

■ 1440系

近鉄1440

紹介
1437系をワンマン対応に改造した1440系。

配置
VW37,VW38 (明星) VW40 (富吉) 2連3本が在籍。

■ 1620系

近鉄1620

紹介
1437系の4,6連バージョンとして製造された1620系。トイレを設置していないため基本的には青山町以西の運用に就いています。

配置
VG21~VG25,VF41 (高安) 4連5本、6連1本が在籍。

スポンサーサイト

宮川橋梁を走る近鉄電車を撮る

少し前のものですが、以前より1度行ってみたかった山田線小俣・宮町間にある宮川橋梁付近で撮影した写真を紹介しようと思います。

_MG_3573.jpg
■ 15200系 あおぞらⅡの重連

自分が撮影に行くと度々前を通る15200系あおぞらⅡ。この日は一体どこに向かっていたのでしょう。ただ通過時刻がまだ順光の頃で無いのが悔やまれます。

_MG_3591.jpg
■ 21000系 アーバンライナーPlusによる 名古屋行き名伊乙特急

21000系による伊勢方面への特急は平日・土休日ともに1往復ほどしかないため貴重です。

_MG_3594.jpg
■ 23000系 伊勢志摩ライナーによる 京都行き京伊特急

近鉄の特急車は伊勢中川の短絡線を通る名阪特急の向きを定位としているため伊勢中川以南では名古屋方面から来た列車と難波方面から来た列車の向きが逆になっており、中でも23000系ではサロンカーの特徴的な窓によって向きの違いがより顕著になっています。またこの向きの関係で名伊特急の折り返しが阪伊特急などにはならないよう特急車の運用は組まれています。

_MG_3576.jpg
■ 23000系 伊勢志摩ライナーによる 名古屋行き名伊乙特急

上の写真と比較すると列車の向きが逆になっているのが分かるでしょうか?

_MG_3580.jpg
■ 1230系(VC32)による 白塚行きワンマン 普通

1220系の標準軌全線共通仕様として製造された1230系。1230系はVC31, VC32の2編成だけとなっており、両編成ともにレール塗油器を装備するため基本的には白塚・賢島間の普通運用に就いています。しかし今ダイヤ変更で誕生した逆編成の急行で稀ではありますが名古屋まで顔を出すことがあります。

_MG_3585.jpg
■ 2410系(W17)による 名古屋行き急行

ご存知の方は分かると思いますが、この急行は高安所属の2連車を連結した名張ループ運用に就いているものです。またこの運用は上本町ループ運用と並び富吉所属の車両が大阪線内を走る貴重なものとなっています。余談ですが先頭のW17編成最近から始まったのか幌がシリーズ21で使用されているような灰色のものへと変更されています。この変更は今後他の編成にも波及するのでしょうか?

_MG_3593.jpg
■ 2410系(W18)による 大阪上本町行き急行

先ほどと同様2410系による急行。大阪線の急行では安定の2610系を後ろに連結しています。名古屋線に比べると大阪線の急行はロングシート比率が高いのでどうしても見劣りしてしまいます。2610系のトイレ前に残されたクロスシートがせめてもの救いでしょうか...(シートピッチ等はお察し下さい)。

_MG_3597.jpg
■ 9000系(FW01)による 名古屋行き急行

先頭の9000系は奈良線系統の2連版界磁チョッパ制御車として製造された車両です。しかし奈良線での9020系の大量増備により全車が富吉検車区や明星検車区に所属を移し、同時に電算記号をFEからFWに変更されました。名古屋線所属の2連車でも大阪方面に行く運用がありますが、基本的にワンマン非対応のVVVF制御車がその運用に就くため以前活躍の場であった鶴橋や上本町へ戻ることはありません。


プロフィール

通勤快急

Author:通勤快急
ふらふらと写真撮りに出かけてます

更新頻度は低いです...

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。