スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南方貨物線跡の現状

大府市から名古屋市にかけて多くの遺構が残ったままとなっている南方貨物線の現状を調査してきました。

※今回は分量が多めとなっています

【南方貨物線の概要】

国鉄が貨物輸送においてまだシェアを多く持っていた昭和40年代、東海道本線の名古屋駅周辺において速度の遅い貨物列車が旅客列車の妨げになっていたため、別線敷設による複々線化を行って、これを解消することを目論むようになった。また、名古屋における貨物駅は名古屋駅南方の都心部近くに設けられていた笹島駅であったが、これが手狭になっていたことから、南へ移転する形で「八田貨物駅(仮称)」という新駅を開設することにもなった。この両者の目的により、東海道本線のバイパスとして建設されることになったのが「南方貨物線」である。 Wikiより引用。

【南方貨物線のルート】

逢妻・大府駅間で東海道本線と立体交差で分かれ、大府・笠寺駅間は東海道本線と並行し笠寺駅からは東海道新幹線と並行した後名鉄常滑線、名古屋港線などを跨ぎ名古屋貨物ターミナル駅へと向かいます。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

通勤快急

Author:通勤快急
ふらふらと写真撮りに出かけてます

更新頻度は低いです...

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。